2つの方法

IT4

イラストの制作依頼する方法として、知り合いや紹介などでイラストレーターへ直接依頼する場合とクラウドを利用したイラスト公募サイトへ依頼する方法があります。どちらも制作意図、コンセプトを出来るだけ詳しくうまく伝えることが仕上がりに影響します。一人のイラストレーターへ直接依頼する場合は対話出来るので言葉の表現でニュアンスなどを伝えやすいメリットがあります。公募サイトはコンペ方式なので直接言葉での対話は出来ません。どのようなイラストが得意なのかというのも選択出来ませんが多数の公募者からいろんなイラストを見ることが出来ます。比較検討出来、最終的に入選者を選びます。支払いは公募サイトへ設定した金額を先払いします。

イラスト制作費の価格は当然ですが、かなり幅があります。ちょっとしたカットでしたら1点1000円〜1500円(一例)など、使用条件や媒体、カタログやチラシ、WEB掲載など条件は発注者と制作者で調整、交渉で決まります。最近はクラウドを利用した公募サイトでイラスト依頼する方も増えて来ております。コンピューターの普及が制作依頼のスタイルを変えたと言っても過言ではありません。イラストレーターへの直接依頼は公募と違う別のメリットがあります。今迄の実績や作品を直接見せてもらったりする事が出来ます。制作費も交渉出来ます。どちらに依頼する場合も注意する点は著作権の範囲や譲渡です。ここをハッキリ伝えて依頼しないとその後のトラブルに発展しかねません。使う用途を限定して安くしてもらうなど工夫も出来ます。