テレマーケティングの利用

IT2

顧客からの問い合わせを受けるコールセンターは、営業活動につながるサポートセンターでもあります。クレームも含めて様々な問い合わせの電話の中には、顧客の何かしらの要望が含まれるからです。それを上手く拾い上げて、顧客自身も意識していないような潜在的な需要を掘り起こすことにより、新たな商品提供などにつなげることができるのがテレマーケティングです。 ただし、このテレマーケティングの技能を習得するのは、なかなかに難しいものです。自社のコールセンターにおいて研修を行うのもひとつの手段ですが、代行サービスを利用することも有効な手段となります。専門教育を受けたスタッフが対応することにより、高い費用対効果を期待できることになります。

テレマーケティングは多くの場合、外注である代行サービスに依頼することになります。企業でのコールセンターのスタッフに新たに教育を行うのは、費用もかかる上にスタッフの負担が大きくなるからです。そのため代行サービスでは、どのような企業からの依頼でも受けることもできるようにと、常にスタッフの教育を必要とすることになります。 そのための研修サービスも多く提供されていて、効率良く技能を高めることができるようになってきています。また、テレマーケティングはあくまでも顧客から得た情報はクライアントの営業に伝えることが前提となることから、現場では情報の収集のみに徹することになります。そのための商品知識などをクライアントによっていかに確実に把握するかも問われるものとなります。